債務整理のメリットとデメリット

今回は債務整理のメリットとデメリットについてお話して参りましょう。

債務整理というとマイナスのイメージをお持ちの方が多く、なかなか踏み切れない方も多いと思います。しかし、債務整理をすることでのメリットとデメリットがはっきりと見えていれば踏み切れなかったものが少し変わるのではないでしょうか。

まず、メリットについてですが、これは単純に借金の返済が楽になったり、あるいは過払い請求などでお金が返還されたり、またあるいは、借金自体が無くなったりするのがメリットと言えるでしょう。いえ、メリットと申しますか、これが目的で債務整理を行う訳ですから当然と言えば当然ですよね。

では肝心のデメリットはどんなものなのでしょうか。
債務整理をされる方はこのデメリットがネックとなっている方が多いようです。

債務整理のデメリットとしては、債務整理をすることによって信用情報へ金融事故という事故扱いになってしまうことです。このことによって債務整理後の5年間はローンが組めなかったり、クレジットカードの審査が通らなかったりします。

つまり、現金が無ければ大きな買い物が出来なくなってしまうということです。
しかし、逆を言えば債務整理をしたとしても影響はあるのはこれだけで、その他の生活には一切の支障がありません。

そう考えた場合、今現在借金の返済で悩み、毎月高額な金利を支払っている状況であればあるほど債務整理を行うメリットがあると思いませんか?

債務整理を行うことで高額な金利を支払う必要が無くなります。
それはローンを組めなくなることよりもご自身にとってメリットとなることの方が大きいと思います。

もっと簡単に言えば、生活を現金主義型に移行すれば生活には何の問題も無くなるのです。

このデメリットが見え隠れするお蔭でなかなか債務整理に踏み切れなかった方は、是非もう一度考えてみて下さい。

債務整理をした方が得か、債務整理をしない方が得か。

ここに答えが見えてくると思います。

テレビCMから見る債務整理の需要

最近テレビCMで債務整理のCMをやっているのをご存知ですか?
お笑い芸人のナイツというコンビが宣伝しているアレです。

どこの法律事務所とは言いませんが、テレビCMとは莫大なお金がかかるもので、視聴率が良い番組で且つ放送時間帯がゴールデンタイムと呼ばれる19時台近辺の場合は数秒間のCM何百万円単位という金額になります。

そこにCMを打てるということはそれだけ儲かっているということであり、つまりそれはそれだけ需要があるということの裏返しと言えると思います。

テレビCMで多いものと言うと、パチンコ店や消費者金融のCMなんかがすごく多いですが、そこに債務整理のCMが入ってくるとなると、なんとなくCMだけでお金の流れが分かってくると思いませんか?

給料が入り、パチンコ店に行き、パチンコ店で負け、消費者金融でお金を借り、返済出来なくなり債務整理をする…こんな流れがおのずと見えてきます。

それぞれがCMをやっているということは、それぞれが儲かっているということで、なんとも皮肉な現象が普段何気なく見ているテレビ上で起こっているんです。

私たちはもう少しお金の遣い方というのを学ばなければならないと思います。
汗水垂らして働いたお金がまさにCMのように流れているかと思うとなんだか悔しくなりませんか?

債務整理をする人は年々増えていると言いますが、債務整理のテレビCMが放映されるなんて数年前まで考えられなかったことだと思います。

もしも今債務整理を検討されている方がいるとすれば、その債務整理後は、しっかりとお金の管理をするようにして下さい。

また、今現在、借金に苦しんでいるならばすぐにでも債務整理をするべきです。
早ければ早いほどあなたの生活は楽になると思いますよ。

債務整理は怖くない

債務整理というとダークなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
これと似たような言葉で自己破産も同じような感じではありませんか?

まず、自己破産とは債務整理の中の一つの方法であって、自己破産も債務整理も債務者を救済する為に作られた措置であることを私たちは認識をする必要があると言えます。

確かに、債務整理をするという行為自体は良いものとは言えません。しかし、債務整理をしたからといって人生が終わる訳ではありません。むしろ、これからの人生を立て直す為の方法だと考えて下さい。とても前向きなことであるということを理解しましょう。

債務整理には色々な種類があります。

先ほど言った自己破産の他に、任意整理、特定調停、民事再生があります。
どの方法が良いかは債務の額や、その時の状況などを加味して選択します。
大抵は相談した際の弁護士などが判断してくれるものです。

そして、債務整理の中で最も重いとされるのが自己破産です。

自己破産とは収入に対しての債務の額が大き過ぎて、返済不能と判断された場合に適用される、いわば私たちが使える最終奥義と言っても過言ではありません。どうせ一度の人生なら、自己破産するくらいの勝負をしてみたいという人は意外と多いんです。

そして、自己破産をしたとしても金融関連の信用を失ってはしまいますが、仕事に就く上で支障になることはありませんし公に知れ渡ることもありません。イメージとしては、クレジットカードを利用していて返済日にお金を振り込むのが間に合わずカードが使えなくなったと同じことです。単にカードが使えなくなっただけで、クレジットカード会社から催促の電話は来るものの会社をクビにはならないはずです。

自己破産の場合は成立した瞬間に借金が全て無くなりますから、もちろん催促が来るということも無くなります。

このように債務整理は怖いものではなく、私たちを救済してくれるものだということをまずは覚えておきましょう。

債務整理についての情報ブログです