最近、テレビのCMだけでなく、有名な動画サイトYoutubeで動画を見ようとすると消費者金融から借入をしている人に向けた過払い返還を訴えるような宣伝が出てくるようになりました。動画のジャンルに関係なくあのような宣伝が出てくるので、最初はなんだ?と戸惑いましたが、すっかりそれにも慣れてしまいました。

宣伝の内容も良く出来ていて、あの宣伝を最後まで見てしまうと過払い返還をする、債務整理をする方がお得だな…と感じてしまう方が多いことでしょう。

このブログでも債務整理については強く推奨していますが、問題なのはどこに債務整理の依頼をするかということです。あのようなYoutubeで大々的な宣伝を行っているということはそれだけ広告費を費やしているということは安易に想像が出来ると思います。つまり、債務整理の依頼をして過払い金が戻ってきたとしても、相談をした法律事務所などに持っていかれる金額も大きいということです。これはテレビCMでも同じことが言えると思います。広範囲にCMを行えば行うほど広告費というものがかかってしまいます。テレビやYoutubeなどであれだけ大々的に宣伝をしているということは、かなりの広告費がかかっていると言えるでしょう。

それは相談料などに乗せられ、相談する人が支払わされるものです。つまり、よく目にする法律事務所ほど料金が高いということが言えると思います。債務整理をする人にとって、相談料というのは出来るだけ安い方がいいですよね。結果が同じなら出来るだけ安いにこしたことはありません。当ブログとしては、ネットなどでひっそりと紹介している法律事務所などの方が料金が安く済むので、そういったところでご相談されることをお勧めします。

債務整理をするにあたり、どの法律事務所に相談するかというのも重要な選択だということを認識しておく必要があると思います。

債務整理というとどうしてもネガティブなイメージを持ってしまい、債務整理をするなんてとんでもない…という考え方の人が多いようです。特に日本人は真面目な国民性ですから、債務整理で借金を軽減するとか、自己破産で借金を無くす、または、自己破産をするという行為自体に強い嫌悪感を感じてしまう方が多いそうです。

元来、そういった国民性の為になかなか浸透しない債務整理ですが、ここ最近ようやくその有益性が認知され、最近ではテレビCMでも見掛けるまでになりました。テレビCMで見掛けるというのは、単純に債務整理が認知されてきただけでなく、需要が増加しているということもあります。最近はキャッシングも手軽に誰でも出来る時代になっていますから、それだけ借金で悩んでいる人も多いということなのだと思います。

また、社会的な側面から見ても、消費税が上がったり、ガソリンが高騰したりと私たちの生活を圧迫することばかりで生活が困窮している家庭が多いというものもあります。

そんな中、債務整理が見直されているというのは、借金で悩む方にとっては嬉しい状況なのかもしれません。これまでの考え方が少しずつ払拭され、債務整理のメリットを理解する方がどんどん増えています。そして、実際に債務整理をしたことで生活が安定し、債務整理後に人生を再建したという方も多くいらっしゃるのです。

債務整理=ダメなこと、やってはいけないこと…と捉えるのではなく、債務整理=救済措置という考え方にシフトチェンジすることで人生は一気に開けてくると思います。世界の中で日本はやはり経済大国であり、先進国です。債務整理という救済措置があるということをむしろ喜ぶべきだと思います。

債務整理という制度があることをまずはよく理解するところからはじめてみて下さい。

債務整理をされる方の多くは、実はお金にルーズな方というよりはすごく真面目な方に多いということはあまり知られていません。

というのも、最初はほんの軽い気持ちで、緊急にお金が必要になって借りる場合がほとんどだと言います。ですので、来月になれば問題なく返せる…そう思い初めての借入をします。

しかし、するとどうでしょう…。

これまでよほどの事が無かったらお金を借りることなどなく自分でしっかりと自制が出来ていたはずなのに、借入が出来る宛てが出来てからというもの、ちょっと足りないと思ったらすぐにお金を借りるようになってしまいました。

それが積み重なり、いつの間にか限度額に近付いてきます。
すると金融業者は20万円までだった限度額を30万円に、30万円だった限度額を50万円に…しっかりと借りては返済を続ければ続けるほどその限度額を上げてきます。

これが金融業者の罠です。

これにつられどんどん借入を続け、いつの間にかとんでもない金額を借りてしまっていた…そして、いつしか毎月の返済が利息分でいっぱいになり元金がほとんど減らずどうにもならなくなった…というものです。

要するに、真面目な人ほどお金を借りれることがいつしか常態化しいてしまい、金融業者の巧みな限度額の拡大につられ借入を続けていってしまうのです。

この罠にハマってしまうと自力で抜け出すことはなかなか容易ではありません。

もし抜け出せなくなってしまった場合は債務整理でしっかり自らの借金の清算をしましょう。

逆に、債務整理を行うことでその後の借金がしっかりと清算出来るのも、もともと真面目な方だったからという事の現れではないでしょうか。

金融業者の罠にハマらないようご注意下さい。

今の時代はとても便利で、高額な貴金属や時計、洋服の買い物でも、子供の学校や大人も学べる専門スクールの学費でも、マイカーやマイホームの購入でも、ローンを利用することができます。

もっとも、この利便性が時として、人を行き場のない壁や暗闇へと陥れることがあります。
月々の収入では返済が間に合わないほどの借金地獄に陥り、生活もままならなくなるケースも少なくなりません。

こうした場合に考えられる手段は、収入を増やすことですが、働いて稼ぐには限界があります。
高給の職場に転職できるとは限らず、いくつも職を重ねては体が疲弊していくのです。

自分の力ではどうにもならなくなったとき、もはや、この苦しみから逃れる術はないのでしょうか。
実は法制度により、債務を軽減し、生活をやり直すためのチャンスが与えられるのです。

これを債務整理といいます。
債務整理にはいくつか手段があります。
任意整理というのは、債権者と個別に話し合って債務額を減らしてもらったり、返済方法を考え直してもらうものです。

たとえば、貸金業者に交渉し、カードで借入た債務額を減額してもらうことができます。

また、民事再生というのは住宅ローンを除外して、それ以外の債務を減額する手続きで、家庭裁判所を通じて行います。
他の債務は減額されますが、住宅ローンの支払はそのまま残ります。

その代わりとして、自己破産のようにマイホームを競売せずに済むのです。
マイホームを手放したくない方には、メリットがある手続きといえるでしょう。

なお債務整理をするまでじゃない方はお金借りる即日【即日審査でスピードキャッシング】で紹介されているような大手で金利が安いキャッシングサービスを利用すると良いでしょう。どこでお金を借りるのかもとても大切な事です。

今回は債務整理のメリットとデメリットについてお話して参りましょう。

債務整理というとマイナスのイメージをお持ちの方が多く、なかなか踏み切れない方も多いと思います。しかし、債務整理をすることでのメリットとデメリットがはっきりと見えていれば踏み切れなかったものが少し変わるのではないでしょうか。

まず、メリットについてですが、これは単純に借金の返済が楽になったり、あるいは過払い請求などでお金が返還されたり、またあるいは、借金自体が無くなったりするのがメリットと言えるでしょう。いえ、メリットと申しますか、これが目的で債務整理を行う訳ですから当然と言えば当然ですよね。

では肝心のデメリットはどんなものなのでしょうか。
債務整理をされる方はこのデメリットがネックとなっている方が多いようです。

債務整理のデメリットとしては、債務整理をすることによって信用情報へ金融事故という事故扱いになってしまうことです。このことによって債務整理後の5年間はローンが組めなかったり、クレジットカードの審査が通らなかったりします。

つまり、現金が無ければ大きな買い物が出来なくなってしまうということです。
しかし、逆を言えば債務整理をしたとしても影響はあるのはこれだけで、その他の生活には一切の支障がありません。

そう考えた場合、今現在借金の返済で悩み、毎月高額な金利を支払っている状況であればあるほど債務整理を行うメリットがあると思いませんか?

債務整理を行うことで高額な金利を支払う必要が無くなります。
それはローンを組めなくなることよりもご自身にとってメリットとなることの方が大きいと思います。

もっと簡単に言えば、生活を現金主義型に移行すれば生活には何の問題も無くなるのです。

このデメリットが見え隠れするお蔭でなかなか債務整理に踏み切れなかった方は、是非もう一度考えてみて下さい。

債務整理をした方が得か、債務整理をしない方が得か。

ここに答えが見えてくると思います。

最近テレビCMで債務整理のCMをやっているのをご存知ですか?
お笑い芸人のナイツというコンビが宣伝しているアレです。

どこの法律事務所とは言いませんが、テレビCMとは莫大なお金がかかるもので、視聴率が良い番組で且つ放送時間帯がゴールデンタイムと呼ばれる19時台近辺の場合は数秒間のCM何百万円単位という金額になります。

そこにCMを打てるということはそれだけ儲かっているということであり、つまりそれはそれだけ需要があるということの裏返しと言えると思います。

テレビCMで多いものと言うと、パチンコ店や消費者金融のCMなんかがすごく多いですが、そこに債務整理のCMが入ってくるとなると、なんとなくCMだけでお金の流れが分かってくると思いませんか?

給料が入り、パチンコ店に行き、パチンコ店で負け、消費者金融でお金を借り、返済出来なくなり債務整理をする…こんな流れがおのずと見えてきます。

それぞれがCMをやっているということは、それぞれが儲かっているということで、なんとも皮肉な現象が普段何気なく見ているテレビ上で起こっているんです。

私たちはもう少しお金の遣い方というのを学ばなければならないと思います。
汗水垂らして働いたお金がまさにCMのように流れているかと思うとなんだか悔しくなりませんか?

債務整理をする人は年々増えていると言いますが、債務整理のテレビCMが放映されるなんて数年前まで考えられなかったことだと思います。

もしも今債務整理を検討されている方がいるとすれば、その債務整理後は、しっかりとお金の管理をするようにして下さい。

また、今現在、借金に苦しんでいるならばすぐにでも債務整理をするべきです。
早ければ早いほどあなたの生活は楽になると思いますよ。

債務整理というとダークなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
これと似たような言葉で自己破産も同じような感じではありませんか?

まず、自己破産とは債務整理の中の一つの方法であって、自己破産も債務整理も債務者を救済する為に作られた措置であることを私たちは認識をする必要があると言えます。

確かに、債務整理をするという行為自体は良いものとは言えません。しかし、債務整理をしたからといって人生が終わる訳ではありません。むしろ、これからの人生を立て直す為の方法だと考えて下さい。とても前向きなことであるということを理解しましょう。

債務整理には色々な種類があります。

先ほど言った自己破産の他に、任意整理、特定調停、民事再生があります。
どの方法が良いかは債務の額や、その時の状況などを加味して選択します。
大抵は相談した際の弁護士などが判断してくれるものです。

そして、債務整理の中で最も重いとされるのが自己破産です。

自己破産とは収入に対しての債務の額が大き過ぎて、返済不能と判断された場合に適用される、いわば私たちが使える最終奥義と言っても過言ではありません。どうせ一度の人生なら、自己破産するくらいの勝負をしてみたいという人は意外と多いんです。

そして、自己破産をしたとしても金融関連の信用を失ってはしまいますが、仕事に就く上で支障になることはありませんし公に知れ渡ることもありません。イメージとしては、クレジットカードを利用していて返済日にお金を振り込むのが間に合わずカードが使えなくなったと同じことです。単にカードが使えなくなっただけで、クレジットカード会社から催促の電話は来るものの会社をクビにはならないはずです。

自己破産の場合は成立した瞬間に借金が全て無くなりますから、もちろん催促が来るということも無くなります。

このように債務整理は怖いものではなく、私たちを救済してくれるものだということをまずは覚えておきましょう。